スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゲーム購入録(侍道3plus)

裏側( ・ω・)やっちまった・・・何をってのは後日


どうもGRAVEです

二月に発売されるタイトルに合わせて攻略したのですが発売延期だそうで・・・orz


ですが久々にやっても面白いゲームでしたw




001_20110215230930.jpg

【侍道3plus】



~物語~

時は戦国
物語の舞台となるのは【祇州天奈(ぎしゅうあまな)】
新興の戦国大名 藤森主膳(ふじもりしゅぜん)により支配されている
藤森主膳は、足利幕府発足以来この地を支配していた桜井家を滅ぼし
大名の座についた乱世の英傑である
藤森家は、国主でありながら新興勢力ゆえに周辺に敵も多く
郷土や農民達に対し重税や重労役を課すなど
国内を厳しく締め上げ、また軍備も強引に強化していた
そのため、下々の者達からの反発も強くなっていた

ここ祇州天奈の地において
国を治める国主、旧勢力を復興すべく活動する野武士
そして貧困に喘ぎながらも、土と共に暮らす農民の民
それぞれの思いが交錯し今、物語は紡ぎ出される


( ・ω・)説明書よりそのまま入力、これが一番分かり易い
主人公はこの不安定な祇州天奈で様々な行動を起こし、数多くの結末に向かって進んでいくというゲームです

EDは全21(隠しエンディングが一つ有るので正確には22)



因みにソフトがなんで二本有るかってのは・・・
昔一本普通に買って、また最近plusを買ったんです←


とりあえず侍道3plusから追加された項目を


・前作で伴侶に出来なかったキャラクターを伴侶に出来る(おせい・いつせ・蘭姫・先生)
・刀のステータス【重さ】にスーパーアーマー補正が付いた
・難易度【超難しい】の追加
・イベント追加
・前作侍道3で存在したバグ類の修正(侍道3でも修正パッチが有ります)
・クリア時に手に入るポイントの見直し
・キャラメイクのパーツ、キャラ、服装の追加

などなど・・・こんな所でしょうか、まだちょっと見落としありそうですが・・・


主に驚いたのがやはり重たい武器にスーパーアーマーが付いた所でしょうか

侍道3をやってた頃は重たい武器を振り回す敵は格好の的でしたが、今回はアーマーが有る為安易に攻められなくなりました
二三発入れた所で確定反撃食らっても美味しく無いですからね
ゴリ押しはヤバイって感じですw


伴侶追加は完全に得ですねw

( ・ω・)先生を伴侶に出来るとか最高過ぎて毎週伴侶にしtげふんげふん

因みに追加された主要キャラクターを伴侶にした常態で天奈を去る、以外のクリアをすると隠し衣装が手に入ったりします
蘭姫の隠し衣装はどうしてあぁなってしまったのか・・・www


~戦闘方法~

まぁ侍道シリーズをやってる人にとっては当たり前の様なシステムですが一応説明

戦闘の選択肢は三つで基本的には初代侍道とそこまで変わらず、三すくみ

刀での攻撃は防御で防がれ、防御は投げで外され、投げは攻撃に阻まれる
それから更に捌き、崩し、当身、打撃、打撃投げなど、様々な要素が存在します



~崩し・捌き~

崩しと捌きは攻撃と防御側の駆け引きのような物で、戦闘の有利不利を左右する基本的な攻防です
攻撃は防御に一方的に防がれますが、攻撃は相手の防御を強引に外す【崩し】が存在します

【崩し】が成功した場合は相手の防御が外れ一瞬無防備になり、そこから追撃やコンボを叩き込むことが可能になります

しかし防御側は【捌き】と言う選択肢も存在します
【捌き】は相手の崩しに合わせて行なうことで、相手の体制を崩し追撃の隙を生み出します
ですがこれも振りっ放しで良いと言う訳ではなく攻撃側が崩しを行なってきた時のみ有効でそれ以外で出してしまった場合は自分の体制が崩れ相手に追撃の隙を作ってしまいます

この崩し・捌きを上手く使って如何に有利に立ち回るのが基本です

なお相手が崩しや捌きを使う場合は必ず頭上に崩・捌のマークが出るのでそれに合わせて変えればOKですw
一部難易度を除いてですが・・・www


~合わせ~

合わせとは防御側最強の防御方法で相手の攻撃を一瞬止め、反撃の隙を強制的に作る
戦闘の状況をかなり変えることが可能な防御方法です

合わせは相手の攻撃に合わせて一瞬R1を押すだけで発動します
なお一定の確立で相手の攻撃を【見切り】それ以降はその攻撃を自動的に合わせ状態にします(plusのみ自動であわせなくする事も可能)

なおR1を連打しているだけでも発動しまs(ry

因みに合わせから派生する行動も存在します


~連殺~

さぁ書くことは多いぞ~~w
と言う訳で雑魚戦での最強の攻撃手段、【連殺】の紹介です

連殺とは合わせからのボタン入力で相手を即死させ、一定時間ボタン入力で相手を即死させることが可能になります
初出は侍ウェスタンかな?何だかんだで不評だったあのゲームの達人状態が元のような気がします

なお連殺はネームタグが紫のボスクラスの敵には通用しません
あくまでも赤いネームタグの雑魚のみです

なお頑張れば100連殺も可能ですw


~当身~

刀の技表を見れば偶に書いてある【当】の字、これが当身技のマークです
相手の攻撃をトリガーにし、カウンターで相手の攻めを中断させ、起き上がり行動を攻められる行動です

当身を上手く使えれば相当有利に戦えますねw
まぁ・・・戦闘での選択は増えれば増えるほど有利に立ち回れますからねw
余り出しゃばって来る程の物ではありませんが覚えておいて損は無いです


~投げ~

相手を掴み、蹴り飛ばして一定の距離をとる攻撃です
なお投げは全武器共通で存在し、武器によって大ダメージを与えることが可能な投げ技も存在します

その中には攻撃を当てた後の追加入力で投げに派生するものも存在します

なるべく一番使いやすいものを選択しましょう
なお、追加入力の投げは相手の起き上がりにも刺し込み易いのが利点ですね
一番使い易いと思いますw


~打撃~

打撃とは無手構え(つまり素手)や全ての刀に有る蹴りなどが打撃に該当します
打撃は防御に強く、相手の防御関係なくダメージを与えることが出来ます(しかしダメージは相当少ないですが・・・)

更に相手の防御も揺さぶれるのでかなり使い勝手は良いですね、細かく蹴りを入れて相手のガードを外すのも一つの手です

しかし刀装備時の蹴りは威力が少なく、リーチが短い
無手は素手のために防御が出来ず、合わせでの見切りのみと言うかなりキツイ状態
なのでメインには向かないですね・・・w
一応便利なのは便利なんですが器用貧乏と言った所でしょうか


アホみたいに長い・・・とりあえずこんな感じのシステムを利用して戦っていきます

他にも相手を空中に打ち上げて追撃と大ダメージを狙える【浮かし】や相手の防御を強烈な一撃で弾き飛ばす【崩し攻撃】なども存在しますが割愛w
まぁ・・・殆ど説明の通りですねw

~刀の構え~

このゲームでは様々な構えが存在し
上、中、下、脇、居合、片手、忍者が有り
更に無手(刀無いですが・・・)槍、二刀、忍者二刀があります
どれもこれも一癖あり二癖あり・・・

個人的に使い易いのは各種攻撃が早い居合か高威力投げがある忍者ですかね~~


~刀の硬度~

武器には耐久度が存在し、硬度ゲージとして表示されます
相手に攻撃、相手の攻撃を防御するなどで貯まり硬度ゲージを振り切るとゲージが一つ折れます
なお貯まった疲労ゲージは攻撃しない、相手の攻撃を防御しないなどで回復します
ゲージがやばくなったら投げ、蹴りなどで時間を稼ぐのを主にやってます
硬度は最大5、最低で1
硬度1の状態で振り切ると刀の刃が折れ、使えるにしても威力が最低までがっくり落ち込みます
更に攻撃の射程も恐ろしく短くなり本当に使える代物では無くなってしまいます

なお折れる前ならば硬度を強化してゲージ上限を増やすことが可能ですが、折れてしまった場合は強化すら出来なかったと思います
特定の条件を満たせば硬度∞(全く疲労しなくなる)になりますがかなり時間がかかりますw

因みに二刀流では二つの刀の特性を併せ持ち、硬度も二つを合わせたゲージになります


取り合えず本当に切りが無いので此処位までw





~渡世~

簡単に言えば各勢力のお仕事です
物探しから暗殺、山賊壊滅、100人斬りまで様々存在します

様々有りますが、メインシナリオには殆ど関係有りません(一部EDを除き)
金稼ぎにもってこいですねw

様々あるので開いた時間にやるのが一番です



~黙って俺に付いて来い~
と言えば訳分からんシステムですが
伴侶システムですw
特定のキャラクターを引き連れて行動することが可能に
更に、一定以上友好度を上げれば自宅に連れ帰る事も可能になり、一緒に住むことも可能です

それに総じて浮気や修羅場、刀の悲劇やお金の減少など様々有りますが・・・www

自分の嫁を探そうっ! 的な感じでやると良いですねw
なお私は先生一択しか無いです←


~イベント中の抜刀、土下座~

これは3からの新システムです
イベント中に抜刀と土下座の二択が追加されました

抜刀はイベントシーンをめちゃめちゃにしてイベントフラグをへし折ることが可能です
なお、イベントによってはそこから発展するイベントも存在します

土下座はそのイベントシーンを完全に飛ばし、無視することが可能です
これで派生するイベントは無かった・・・かな?
一応キャンセルだけだったと思います、見たくないイベントややりたく無いイベントはこれで飛ばすことが可能です

全エンディングを見るためには抜刀する必要が有るシーンも有るので分岐が多いんですよね・・・完全に把握してれば問題は無いのですがwww




とまぁシステムはこんな感じですか?w

様々書いてみましたが結構面白いタイトルですw


殆ど侍道3とは違うゲームにも仕上がっている侍道3plus
システム面が相当面白くなってましたw

侍道3のベスト版でもあるので是非探してみては如何でしょうか


勿論プラチナ目指して攻略しております



と言う訳で今日は此処まで

( ・ω・)ノシ ではでは
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

GRAVE(グレイヴ)

Author:GRAVE(グレイヴ)
PS3のゲームをメインにやっております


現在のトロフィー数1800個(10/17)

今更twitterを始めました、ゲームの事だったり、友人に突っ込んだりしてます ユーザーID GRAVE00

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。